車の事故で危うく両親から借金をするはめに!

私は、学生時代は車で通学していたのですが、通学途中に2度大きな車の事故を起こしてしまいました。1度目は、真冬の朝、下り坂を走っていてブレーキがロックしてしまい、車が止まらなくなり、信号待ちで止まっていた車に後ろからぶつかってしまいました。人をひいたわけではなかったので、警察を呼び、事故処理をしてもらい、示談が成立しました。示談金は50万円でした。当時、アルバイトで一応お金を貯めていたので、問題はなかったのですが、危うく両親から借金をして、示談金を払うところでした。また、2度目は大学からの帰り、大きな交差点での事故でした。2度目も相手が車だったので、1度目と同じく、警察を呼んで、事故処理をしてもらい、示談が成立しました。2度目は相手がディーラー勤務の人だったので、免許に傷を付けたくなかったという理由で、示談が成立しました。示談金は70万円でした。アルバイトで貯めていたお金も70万円を払ったところで、底をつき、3度目の事故を起こすと、借金をすることになるので、とにかく安全運転をすることに努めました。それからは友人から遊びに誘われても、お金がなく断る日々が続きました。何とかして、お金を貯めようとアルバイトをたくさんして、その後は両親から借金をすることなく、社会人になることができましたが、卒業旅行に行くことができず、卒業式で、その話題になったときに、「行くものだったのか」と、痛感しました。そのときにお金に困っていたことを思い出します。モビットの審査について

日常生活における節約方法

節約をするにあたって気を付けているところは、あまりに節約するばかりで、本来必要なものまで、節約してしまい生活に悪影響が出るところです。節約するにしても、最小限の生活をするためのものは、節約関係なく、買う必要があります。日常生活で無駄をいかになくしていくかが大事になってきます。日常生活を考えると、無駄が実に多いのが分かります。その日常生活の無駄をいかになくしていくかが、節約をしていく中でポイントとなっていきます。具体的には、光熱費の節約方法ですが、まずは古い家電を買い替えることで、電気代の大きな節約となります。たとえば、家の照明器具をLED照明に買い替えたり、冷蔵庫・洗濯機を新しいものに買い替えることで、電気代の節約になります。また、テレビに関しては、テレビを見ていないときにこまめに電源を切ること、テレビの明るさを調節(最大から中へ)することで節約が可能になります。冷蔵庫に関しても、冷蔵庫を壁につけすぎずに適切な放熱スペースを確保すること、冷蔵庫に食品を詰め込みすぎないようにすること、冷蔵庫の扉の開閉回数を減らすことで節約が可能になります。トイレに関しても、暖房便座のふたを閉めておくこと、ウォシュレット、便座暖房の設定温度を季節ごとに変えることで節約が可能になります。以上のように簡単な方法で、日常生活での節約ができます。プロミス審査甘い口コミはホント?【審査通るコツはここで】